女医でタレントの西川史子さんをテレビで観るたびにその痩せた姿に驚いてしまいますよね。


激やせしてしまった原因は一体何なのでしょうか。


現在がんの疑いもあるのだとか?


心配ですね・・・。


また、実家が相模原という噂や父親の職業が整形外科医?」などのプライベートな情報も気になります。


今日はそんな西川史子さんについて調べてみましょう!


Sponsored Link

西川史子が女医タレントになるまでの経歴は?


出典元:http://minnadekosodate.com/


西川史子さんと言えば毒舌で誰に対しても物おじしない強烈キャラで「女医タレント」の先駆けとなりました。


そんな西川史子さんも現在46歳。


今までどのような人生を送って来られたのでしょうか。


西川史子さんは神奈川県相模原市出身で、医師の家系に生まれました。


出典元:http://robamimireport.com/


湘南白百合学園幼稚園・小学校・中学校に進み、高校は桐蔭学園でした。


桐蔭学園と言えば高校野球の神奈川県代表の常連校でしたねー!


その後聖マリアンナ医科大学に入学します。


大学在学中の1996年、ミスコンである「ミス日本」に出場。


出典元:https://oi41ne.com/


「フォトジェニック賞」を受賞し、更にバラエティ番組「恋のから騒ぎ」に出演します。


医大の勉強は相当忙しいのに、芸能活動を並行して行うなんてできるのでしょうか・・。


それでも西川史子さん、きちんと大学は卒業し、医師国家資格も見事取得しています!


芸能活動の傍ら、聖マリアンナ医科大学整形外科・青山メディカルクリニック・西川整形外科医院・松倉クリニックなどで医師として診療も行っています。



出典元:http://chichan323.xsrv.jp/


一方芸能活動は2018年現在「サンデージャポン」を始めレギュラー3本、準レギュラーやゲスト出演などで多くのテレビ番組に登場しています。


そこでは相変わらず高飛車で毒舌なキャラを持ち味としています。


自身の結婚・離婚・現在の恋愛事情などプライベートな部分を赤裸々に語るなど、最近は「負け犬キャラ」としても定着しています。


特に離婚後はそのような傾向が強いように感じます。


Sponsored Link

西川史子の父親は整形外科の開業医?名前と学歴は?実家は相模原のどこ?


西川史子さんのお父さんも同じく整形外科医で、西川整形外科医院を開業しています。

専門はリウマチ性疾患や痛風だそうです。

院長であり父親の西川秀樹医師はこちら。

出典元:https://instagrammernews.com

厳格な雰囲気のお父さんですね。

父・西川秀樹さんは日本医科大学大学院卒業後に開業しています

地域に根付いた古くから愛される医院のようで、口コミでも患者さんからの信頼を得ていることがよく分かります。

・西川先生の患者に対する観察力と看護師さんたちの的確な対応が医療で大切なことだと改めて感じました。
・他の整形外科でリハビリに通っても全く回復しなかった母の足の震えが、西川先生の励ましの言葉と看護師さんたちの優しい対応に反応したようで、止まり歩けるようになりました。
引用:https://byoinnavi.jp/

実家は相模原のどこ?

そんな西川整形外科医院はこちらにあります。


西川整形外科医院


神奈川県相模原市南区東林間3-10-11


出典元:https://am-portfolio.com


昔ながらの建物で、ここで西川史子さんと会えるというのが何となく不思議な気もするのですが、ここで長年地域の患者さんたちを診てきたのですね。


ちなみにホームページがありましたが、現在はクローズしており見ることが出来ないようです。


Sponsored Link

父親と母親との馴れ初めや家族構成は?
母から医者になるように教育?

西川史子さんのご両親の馴れ初めは不明でしたが西川史子さんの家族は


父・秀樹さん ・・・整形外科医


母・令子さん・・・元華族出身のお嬢様で24歳に結婚するまで大学で研究職に就いていた


兄・・・優しい性格。


医者にならず別の職業に就いている


そして史子さんの4人家族です。


出典元:http://芸能人熱愛最新情報.com/


母から医者になるように教育?

幼い頃から厳格な父に厳しくしつけられ、母にはとにかく溺愛されて育ってきた西川史子さん。


両親の口癖は「医者になるように」だったそうですよ!


その理由とは?


父からは


「医者はいいぞ~。


定年もないし、人に頭を下げることもない。


一生食いっぱぐれもない」


と言われていたのだとか。


しかし西川史子さん、本当はバレリーナになりたかったそうです。


それを知った父から


「バレリーナは足が太くなるし、美味しいものが食べられないぞ」


と言われて諦めさせられたのだとか^^;


そして母は自分が働いてお金を稼いだ経験があまりないことでそれを父からバカにされていたため娘には同じ思いをさせまいと必死で医者になるように教育されたそうです。


西川史子さんの母はずいぶんと強烈なキャラだそうで、娘への教育に関しては異常と思える行動もしていたのだとか。


出典元:http://trendnewsx.com


例えば


西川史子さんが学校の友達に「ノートを貸してほしい」と言われ、本当はあまり化したくなかったのですが、仕方なくノートを貸してあげたそうです。


その時「自分は心が狭いのかな?」と反省した西川史子さんはそれを母に報告。


「よく貸してあげたね」と言われると思っていたそうです。


しかし母からは「先生にノートを提出すれば良い点数がもらえるのに・・なんで貸したの!」


と叱られてしまったそうです。


子供のポイントになることなら何でもする母親だったようですね。


また、当時「可愛い」とされていたのは八重歯のある女の子。


母は西川史子さんに八重歯になってほしくて、乳歯から永久歯に変わる際、毎日西川史子さんの口を開けさせて、歯を上に上に押し上げていたそうなんですよ!


なんと無茶苦茶な・・・^^;


そんな母でしたが、2014年に母が心筋梗塞で倒れてICU(集中治療室)に入る状態になってしまったようです。


テレビ番組の中で突然涙を流すなど、心から母のことを大切に思っているようです。


その後病状は落ち着き、今は元気に暮らされているとのこと。


良かったですね!


それではここで西川家の家訓をご紹介しましょう!


・勉強ができないことは恥ずかしい


・勉強にかけるお金は惜しむな


・先生にえこひいきされる存在になれ


・使えるコネはなんでも利用


・図工や家庭科はプロに依頼


・体育では全力疾走せずに余力を残す


・集合写真などでは必ずセンターに


・他人の悪口は自宅で、外では社交辞令を心がける


ほうほう・・・と読み進めていくと


「ん!?」


と思うものが混ざっていますね。


というか、納得できるのは一番初めだけじゃないですかー!(笑)


一見立派に見えた家訓も、実は要領良く生き抜くための手段を記したものだったわけですね!


これを幼少期から教え込まれてきた西川史子さんが大人になったという訳ですね・・。


ちょっと納得^^;


出典元:http://www.officiallyjd.com/

家訓を基にこのようなエピソードも紹介されています。


もし「お父さんとお母さん、どっちが好き?」と聞かれたら「お父様とおじい様を尊敬しています」と答えなさい。


そうすれば家の中がうまく回るから」


これを聞いた西川史子さんは「人間ってこうして嘘を覚えていくのか」と思ったそうですよ^^;


「医師家系を守りたい」・「子供に安定した仕事に就いてもらいたい」


このような親心は理解できますが、西川家の両親はちょっと行き過ぎたところもあったようです。


西川史子さん、テレビのコメントなどでも相手が誰であっても自分の意見を物おじせずしっかり伝えますよね。


こういったご両親の育て方が影響しているのではないでしょうか。


Sponsored Link

西川史子の激ヤセが心配!
激ヤセ理由は更年期と離婚のショック?
三度に渡り入院にガンの可能性は?


西川史子さん、心配なのはここ最近の激ヤセっぷりです。


出典元:https://blog.goo.ne.jp


もともとスリムな女性でしたが、さらに細くなりテレビで観るたびにちょっと心配になってしまいます。


一体何があったのでしょうか。


西川史子さんの激やせが囁かれ始めたのが2016年秋頃です。


出典元:https://entame888.com


頬がこけ、デコルテには骨が浮き出ています。


更に目がうつろで視線がおぼつかない。


スタジオで周りの人たちが笑っている場面でもひとりキョトンとした表情を浮かべるだけなど、明らかに様子が変だったことも。


普段の言動などから「二日酔いでは?」と言う声もあがりましたが、痩せ方が尋常でないため「体調不良説」が飛び交いました。


2016年5月、同年12月、2017年8月という短いスパンで3回も急性胃腸炎で入院していることも気になります。


これにネットでは「西川先生はがんなのでは?」という憶測も流れました。


出典元:http://kaorunn.com


西川史子さんはそんな自分の記事をネットで目にしたようです。


そして「自分でも心配になったんですけど、全部大丈夫でした」とがん説を一蹴しています。


本当にがんなければ良いのですけどねぇ・・・。


記憶に新しいところでは、俳優の今井雅之さんや女優の川島なお美さんなどがんでだいぶ痩せていましたよね。


西川史子さんを見ると二人のケースが脳裏によぎることも事実です。


だってかなり激やせしていますから・・・。


それでは激やせ理由は一体何なのでしょうか。


出典元:https://entamix777.com


その可能性として「更年期」が挙げられています。


西川史子さん、若々しく見えますが、現在46歳ということで更年期真っただ中です。


卵巣機能の低下に伴い、女性ホルモンバランスが崩れてくるのが40代半ばから50代半ばと言われています。


症状としては不眠、食欲減退、ほてり、発汗、やる気が出ない、イライラなどがあります。


どんなに元気でもやはり体は老化してくるので、個人差はありますが、ほとんどの女性たちが乗り越えなければいけない壁なんですねー。


西川史子さんの年齢や症状から見ると「更年期」に当てはまるように思います。


また「離婚のショックを引きずっているのでは?」という意見もあります。


かつては「結婚するなら年収は4000万円以上」と豪語していた西川史子さん。


2010年福祉関係の会社役員であった福本亜細亜さんと結婚しました。


出典元:http://anaenta.com


結婚当初は「みんな別れると思っているのでその期待を裏切りたい」・「彼は強くなっていた私を弱い女にしてくれた」と言っていましたが、残念ながら2014年初めに離婚してしまいました。


離婚原因は


「ごみの分別でもめた」


「生活費を10万円ずつ減らされたこと」


「西川史子さんが連夜男性と銀座で豪遊し、氷を口移ししていた」


など色々なことが言われています。


それでもテレビでの姿と違って西川史子さん、一生懸命相手に合わせようと努力していたそうですよ~。
きちんと料理を作って部屋をきれいにして、まるで「部屋とワイシャツと私」の世界をリアルにやっていたそうです。


しかし一度崩れてしまった関係は修復できなかったのですね・・。


これにはネットでも


「やっぱり・・」


「旦那さんのことは大好きだというのは伝わってきていたから、かわいそう」


「テレビでも泣きながら、ネタとして笑いに変えていたけどやっぱりガチだったのね」


という意見がありました。


西川史子さん、毒舌で気が強そうなイメージで売っていますが、実はかなり繊細で精神的に不安定なところもありますからね~。

出典元:https://www.cinematoday.jp/


その後は「負け犬キャラ」に転身し、テレビ番組でも離婚や男運のなさなどをネタにしていました。


・「私はお料理も習っていて尽くしていたけれど、それほど稼いできてもらえなかった」


・「離婚した方が夫婦って仲良くなるんですね。


今までメールもあまりしていなかったのに急にLINEとかやりだしたんですよ、二人で」


・「家具の配分などで揉めている」


・離婚後も左手薬指に指輪をしていることに対して


「元夫からもらったもので、気に入っているので捨てずにいます。


物には罪はない」


実はまだ未練がありそうですよね・・・。


そんなストレスが激やせにつながっている可能性が大きいかもしれませんね。


最後にまとめ


・西川史子さんの実家は神奈川県相模原市にある「西川整形外科医院」です。
・父は整形外科医・母や元華族の出であり、幼い頃から医者以外の職業を夢見ることさえも許されなかったそうです。
・厳格な父からは厳しく、母からは溺愛されて育ってきました。
・2016年頃から西川史子さんは激ヤセしていると言われ始めました。その理由は「更年期」・「離婚を引きずっている」という説が有力です。
・短い間に3回胃腸炎で入院してと検査を受け、がんではないことを確認しています。
いかがだったでしょうか。
両親の期待通り医者になり、結婚も(離婚してしまいましたが)出来ました。

しかし心配されるのは西川史子さんの激やせっぷりです。

頬がこけて白い顔をしている姿を見ると「仕事をできるレベルではないのでは」と思ってしまします。

しかし2018年4月18日放送のサンデージャポンでは、少しふっくらし、血色の良くなった西川史子さんの姿を見ることが出来ました!



出典元:https://netallica.yahoo.co.jp/


体調が良くなってきたのでしょうか。

元気そうで安心です。

このまま快方に向かってくれると良いですねー!


Sponsored Link
Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています