日馬富士が、酒乱暴行で引退勧告もある状況になっていますね〜

しかも、日馬富士はモンゴル国籍の嫁さんと別居中と噂されています。

嫁さんの画像を見ると日本人に見えますが…国籍はどこなのでしょうか?

また、子供はいらっしゃるのでしょうか?

気になったことを調べてみたいと思います!

Sponsored Link

日馬富士が暴行!事件の詳細は?貴乃花親方が鳥取県警に被害届を?


大相撲秋場所は、白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が、全休した為に1人横綱で臨みました。

序盤で3連敗しましたが11勝4敗で逆転優勝しました。

横綱審議委員会は、面目を保ったとの評価で一致していました。

日馬富士の土俵際は非常に優しくて、寄り切った時に、相手が土俵下に落ちないようにそっと背中を手で支えています。

その手に、腐女のみなさんが思わずきゅんとする優しさがあって人気がありました。

日馬富士は、モンゴル国籍なので、引退後も親方として相撲の世界に残るためには日本国籍が必要です。

外国人力士は帰化して日本国籍を取得しないと親方にはなれません。

そんな横綱の日馬富士(伊勢ヶ浜部屋)が、前頭8枚目貴ノ岩(貴乃花部屋)に暴行したと不祥事が報じられました。

日馬富士は10月26日、鳥取で行われた秋巡業終了後にモンゴル出身力士を集めて懇親会をしています。

その二次会で、貴ノ岩をビール瓶で殴打し負傷させたといいます。

その場には、日馬富士関のほか白鵬関、鶴竜関の3横綱と関脇_照ノ富士関、平幕_貴ノ岩関と日本人力士や関係者ら10人位が参加していたようです。

日馬富士関は、貴ノ岩関に対して、兄弟子達に対するあいさつや生活態度を注意していました。

その話の最中に、自身のスマートフォンがなったので貴ノ岩関が操作しようとした瞬間のこと…

日馬富士がテーブルにあったビール瓶を手に取り、貴ノ岩関の頭部を思い切り殴打。

貴ノ岩関が流血して倒れているにもかかわらず、そのまま20~30発位素手で殴っていたといいます。

貴ノ岩は、両手で防ぎながら、殴られ続けたようです…

角界関係者の間では、日馬富士関の酒癖の悪さは、何年も前から指摘されていたようです。

今回も、アルコールが回ったせいなのか、暴行の最中に止めに入った白鵬関を突き飛ばし、後輩横綱の鶴竜関に「おまえがしっかり指導しないからだ」と大声をあげて、荒れに荒れていたといいます。

この日馬富士関の暴行問題の一件で、暴行を受けた貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が鳥取県警に被害届を出しました。

鳥取県警が事実確認など捜査を進めてトラブルの有無など当時の状況を詳しく調べていきます。

貴乃花親方終始一貫して、被害届を「取り下げるつもりはない」と主張。

双方の師匠が協会に呼ばれた時に、馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方は貴乃花親方に謝罪を入れたといいます。

また、日馬富士と伊勢ヶ浜親方は14日午前に、貴乃花親方のもとへ直接謝罪に向かいましたが、貴乃花親方が乗っていたとみられる車は2人を目の前にして発進しました。

日馬富士は12日初日の九州場所で連敗スタートとなり、3日目の14日に日本相撲協会に休場を届けを出しました。

Sponsored Link

日馬富士の嫁の国籍は?子供は何人?年齢と性別、学校はどこ?


第70代横綱の日馬富士は、2010年9月に結婚しています。

日馬富士の嫁画像>>コチラ


相手は、同じモンゴル出身で名前は、ムンフジャラガル・バトトールさんといいます。

日馬富士よりも3歳年下です。

岩手大学で、国際文化を学ぶ留学生だったそうで、日馬富士の母親が2人の縁を取り持ったと言われています。

日馬富士の本名は、ダワーニャミーン・ビャンバドルジと言います。

2008年11月場所で大関昇進を決めた時に安馬公平(あま こうへい)から日馬富士公平(はるまふじ こうへい)に変名しました。

日馬富士は、稀勢の里と非常に仲が良いそうです。

日馬富士は、できちゃった婚だったようで、「僕も頑張るからいっぱい子供を作ってください」とプロポーズしたそうです。

2人の間には、3人の子供がいます。

長女は、ニャムジャラガルちゃんは、6歳で日本名を美琴ちゃんといいます。

次女が、5歳のヒシゲジャルガルちゃん、長男のバトエルデネ君は3歳で、日本名を和煌君といいます。

娘さんが今年から青山学院初等部に通っているそうです。

別居しているとの噂がありますが、その事実はないようです。

また夫婦仲が悪いとの情報もないので離婚はないでしょうね。

日馬富士は、絵を描くのが趣味で、その実力は、絵画展を開く程です。

2015年に、東京・銀座の日動画廊で、個展を開いています。

日動画廊は、プロの画家でも、画廊で個展を開くのは、非常に難しいといいます。

プロの画家以外で、古典を開いたのは、長渕剛さんと日馬富士さんくらいだといいます。

Sponsored Link

日馬富士の引退はある?変わらぬ角界の体質が浮き彫り?


相撲界は、2003年の貴乃花引退で人気は急降下します。

八百長問題が起きた11年には、巡業も取りやめになっています。

角界は、暴力事件を繰り返していて、時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さん(四股名:時太山)が暴行を受けて、死亡する事件が起きた時も凶器に使われたのが、ビール瓶でした。

協会側は、力士暴行死事件依頼外部有識者を交えた再発防止委員会を設置しています。

稽古場から竹刀をなくしたり、力士を直接たたかずに指導したりして、暴力追放を徹底していたのにも関わらず、また今回不祥事が起きてしまいました。

再発防止検討委員で、やくみつるさんは外部委員を務めていました。

やくみつるさんは14日放送「情報ライブ ミヤネ屋」で日馬富士の暴行騒動について「暴行をはたらいた事実を本人が認めれば、横綱という立場を考えれば、今すぐ引退届を出すべき事例だと思います」と述べています。

幕内優勝25回と力量抜群だった横綱朝青龍関も、2010年1月の初場所中に東京都内で泥酔して、一般人の知人男性に暴力を振い鼻の骨を折る1カ月の重傷を負わせた問題で責任を取って翌2月に引退しています。

日馬富士関も最悪の場合、引退に追い込まれる可能性があると思われます。

今年、初場所後に稀勢の里が昇進し、17年ぶりの4横綱時代を迎えていましたが、横綱審議委員会の北村正任委員長は

「横綱が暴力ざたを起こしたのであれば、大相撲に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」

とコメントしています。

世間のコメントも「引退しろ!」などと厳しい意見がありますが、今後どのような展開になるのでしょうか…




Sponsored Link
Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています