出典元:http://news.livedoor.com/


8月17日放送「有吉ジャポンSP」に前東京都知事の舛添要一氏がテレビ出演します。

辞任から約1年、その後の生活はどんな感じだったのでしょう?

激やせしたと言われている現在の姿が悲惨って本当でしょうか?

逆ギレした内容や子供についても調べてみます!

Sponsored Link

舛添要一 不倫3回、子供は5人
ぶっ飛びすぎのゲスい経歴は?


6月には1年ぶりにTwitterも再開、著書「都知事失格」も出版した舛添要一氏。

復活の兆しですかね~。

改めて舛添氏のキャリアを振り返ってみましょう。

東京大学法学部をほぼ主席で卒業後、パリ大学とジュネーブ国際研究大学院研究員を経て東京大学助教授に就任。

国際政治学者としてマスコミデビューも果たします。

その後、参議院議員から厚生労働大臣、東京都知事に…エリート街道まっしぐらです!

輝かしい経歴の反面、私生活はぶっ飛んでいます。

結婚3回、不倫3回、そして子供は現在の嫁との間に2人、2人の愛人との間に3人で計5人。

かなりゲスですね。

最初の嫁は、フランス留学時に結婚したフランス人。

2度目の嫁は、片山さつき議員です。

愛人の子に対する養育費の未払いも問題となっていたようで、元嫁である片山議員は「せこさは全然変わらない」とコメントしています。

痛烈ですね(笑)
Sponsored Link

週刊文春による資金流用問題の内容は?
辞任後の生活は“仙人”?激やせぶりが悲惨?


愛人問題のゲスぶりも去ることながら、舛添氏が批判を受けるきっかけになったのは「週刊文春」に政治資金の公私混同、流用問題が報じられたことでした。

家族旅行に政治資金を使ったのでは?という疑惑でしたよね。家族と一緒にいたものの会議もしていたので、会議費用として計上したとか言っていましたが…いや、どう考えても家族旅行でしょう!

税金を家族旅行に使われては納得できません!

結局、その後どんどん疑惑が浮上し、都知事を辞任。逮捕される前に辞任したという声もありましたね。

辞任後は「仙人のような生活でかすみを食って生きてきた」と、ご本人は語っています。

かつては「朝まで生テレビ」で活躍し、「朝までファミコン」なんてソフトまで出ましたが、もしかしたらリアルに、朝までファミコンしていたのかもしれませんね。

昨年11月に赤坂の料亭に姿を見せた時は、激やせしていたようです。

>>激やせ比較画像はコチラ


赤坂の料亭といえば、なんだか政治の臭いがしますよね~。

「有吉ジャポン」では、その仙人生活裏事情なども聞けることでしょう!

Sponsored Link

嫁の雅美は名家のお嬢様?取材に逆ギレ?
子供の名前や学校は?


辞任騒動では、嫁である雅美さんも注目を集めました。「Mr.サンデー」の取材で逆ギレしたことは有名です。

その時の様子は動画にもアップされていますが、半端なく怖いです(笑) 内容は家賃の二重計上の件についてでしたが、記者の質問に「いくらなんでも失礼です!

間違ったことは1つもございません!」と逆ギレ。

宮根さんもポカンとしていました(笑)雅美さんは、舛添さんの資金管理団体の社長だったので、答える義務があるんですけどね。

舛添氏と雅美さんは1996年に結婚。

馴れ初めは、舛添氏が東大助教授時代に雅美さんが私設秘書を務めたこと。

子供は17歳の果連さんと15歳の龍之介君。

慶應大学の付属に通っているみたいです。

家族旅行疑惑でいじめられなかったんでしょうか?子供に罪はないですからね。

舛添氏が韓国びいきの政策が多かったために、夫婦で韓国人なのでは?と噂がありましたが、雅美さんは湯河原出身。

それも名家のお嬢様だそうです。

舛添氏も日本人だと思います。

また、雅美さんは創価学会員の幹部ではないかとも言われています。

デヴィ夫人が「舛添さんの奥様は、大きな宗教団体の幹部だと言うことですけどと発言していますからね。

でも、雅美さん本人のコメントがありませんので、グレーですかね?


【こちらの記事も読まれています】


現在は痩せて覇気もなさそうな舛添要一氏ですが、政界復帰も考えている様子。

舛添氏の今後から目が離せません。

とりあえず「有吉ジャポン」で確認を!

その後テレビでは?有吉ジャポンSP感想


「有吉ジャポンSP」に出演した舛添要一さん、噂通り激やせしていました~。

辞任後から現在までの1年間は、ほとんど自宅地下室で読書の日々だったそうです。

現在の月収11万、カップラーメンをすする姿は少し切なかったです…。

今回のテレビ出演をきっかけにメディア復帰を目指しているとのこと。

中高生の子供が2人、大黒柱として稼がないわけにはいかないですもんね!

世論はどうあれ、私は応援します〜!
Sponsored Link

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています