平松愛里 画像
出典元:http://www.asahi.com/


1992年に発売され、爆発的ヒットになった平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」。

その頃まだ中学生だった私にとっては意味が分かるような、分からないような不思議な歌でした。後になって思ってみると、中学生が理解出来る訳がなく・・・^^;

そんなヒット曲を生み出した平松愛理さんは現在どうしているのでしょうか。

「部屋とYシャツと私」の後もシンガーソングライターとして音楽活動を続けてきていましたが、目立ったヒット曲はなく、すっかり「あの人は今」状態になっていました。

しかしその間、結婚、出産(子宮内膜症により母と子供ともに危険な状態になった)、子宮摘出、ステージ4の乳がんの克服、離婚などの幾多の困難を乗り越えていたようです。

そして昨年放送された「有吉反省会」で香水の付け過ぎを指摘され、臭い!!と言われる始末。そのつける量は常識的に考えられない量なのだとか!

今夜放送のバラエティ番組「もしかしてズレてる?」に出演した平松愛理さん。

番組内容も交えて今日は平松愛理さんについて調べてみたいと思います!

Sponsored Link

平松愛理の経歴、代表曲は?

平松愛里 歌う 画像
出典元:http://www8.kobe-np.co.jp


平松愛理さんは1964年に兵庫県神戸市に生まれ、現在53歳です。

実家は病院を経営していて、父親は平松医院の院長、兄は大阪大学医学部消化器内科医局長です。エリート一家なんですね!

ところで芸能人って意外と実家が病院を経営している人が多いって知っていますか?

ちょっと寄り道して、実家が病院を経営している芸能人を調べてみました。


TRFのSAMさん:父が産婦人科

菅野美穂さん:埼玉県坂戸市の菅野病院

佐野史郎さん:島根県松江市で代々続く医者一族

舘ひろしさん:父が内科医で現在は弟が医院を引き継いでいる

モト冬樹:産婦人科の父の跡を継ごうと東京慈恵医大を受験したが不合格

中島みゆきさん:現在は閉院してしまいましたが、父は産婦人科医

向井亜紀さん:父は耳鼻科の医者


と意外な顔ぶれもいました。医者の子供だからと言って必ずしも家業を継ぐのが義務ではありませんが、意外と芸能人という自由な職業に就くのですね。

親に対する反動でしょうか。(笑)

平松愛理の経歴

このように実家が病院を経営している芸能人の中の一人が平松愛理さんです。

幼い頃からしっかりとした教育を受けていたのでしょうか。

平松愛理さんが音楽と触れ合いだしたのは3歳の時だそうです。

隣に住む幼馴染のお姉さんが電子オルガンを持っていたのを見て興味を持ち、自分もオルガン教室に通い出したそうです。

やはり興味を持って始めたものは続くのですね。

それから平松愛理さんは洋楽好きの兄の影響で歌にも興味を持ち、兄のギターに合わせてカーペンターズをハモっていたのだとか。

中学校に入るとコーラス部に入り、ピアノで作曲も始めるようになりました。

そして高校では軽音部に入りガールズバンドでボーカルを務めます。

学園祭で観客が平松愛理さんの音楽で盛り上がり、拍手をもらえることに快感を覚え、プロになることを決意したのです。

それでも医者の家系ということからか、バンド活動を両親に反対されていた平松愛理さん。

そんな両親の反対を押し切って関西ローカルのオーディション番組に挑戦、テレビに出たことで両親も次第に理解を示してくれるようになったそうです。

1986年、単身東京に上京。アルバイトをしながら作曲をして、週二回レコード会社を訪れ、売り込みをかけ続けました。

そんな生活が3年経った頃、レコード会社のディレクターの目に留まり、1982年シングル「青春のアルバム」とアルバム「TREASURE」でソロデビューを果たすのです!

ここまで来るのに長い道のりだったのですねー!

子供の頃は医者の家系という事で恐らく何不自由なく暮らしていたのだと思いますが、自ら夢にかけてアルバイトをしながら売り込みをする生
活は、大変だったことでしょう。

平松愛理さんの代表曲は?

そして1992年、あの有名な「部屋とYシャツと私」が100万枚近いセールスを記録するヒット曲となり、ブレイクを果たすことになりました。

「部屋とYシャツと私~♪愛するあなたのため、毎日磨いていたいから」

このフレーズはあまりにも有名です。

平松愛理さんの柔らかい歌声で、意外と物騒な言葉も飛び出てくるところが

「怖い」

「ぞっとする」

などと言う声がよく聞かれます。

そんな「部屋とYシャツと私」は、昔で言う“関白な夫”と真逆をいく歌であり、平松愛理さんは“時代の代弁者”とも言われました。

ちょうど時代が変化していく頃だったこともあって、ここまでヒットしたのでしょうね。

久しぶりにYouTubeで見たら懐かしくなってしまいました!

ちょうどこの「部屋とYシャツと私」が発売された頃は、女性の社会進出がまだ今ほど進んでいなかった時代ですから専業主婦も多かったのです。

「関白宣言」では「夫が一番偉い」という考え方がまだまだ浸透していた時代だったのですよね。

妻は家庭内での立場が弱かったため、このような一方的な要求を受け入れざるを得なかったのですが、この「部屋とYシャツと私」で平松愛理さんが今まで女性が言えなかったことを代弁してくれたと言って良いでしょう。

当時中学生だった私は、夫に依存している妻がわがままを言っているだけの歌だと思っていましたが、大人になった今、自分が「まんま部屋とYシャツと私の妻」になっていることにようやく気付きました。(笑)

Sponsored Link

ステージ4乳がんで音楽活動を2年間休止、がんを克服した秘訣とは?

平松愛里 乳がん 画像
出典:www8.kobe-np.co.jp


デビュー当時の24歳から重い子宮内膜症による痛みに悩まされ続けていた平松愛理さん。

朝起き上がれないほどの腹痛で、鎮痛剤も効かない状態だったようです。

激痛に耐えながらオーディションを受け、そのまま救急車で運ばれることしばしば。

医師である兄の勧めで大学病院で詳しく検査をしたところ、子宮内膜症だと診断されました。

子どもは持てないと医師に言われたこともあり、諦めていた時期もあったようですが、「部屋とYシャツと私」がヒットした翌年、編曲家の男性と結婚し、子宝にも恵まれたのです!

しかし出産時は帝王切開でしたが子宮内膜症のせいで臓器が癒着し、一時は母子ともに危険な状態になったとか。

その後子育てをしながらも、作曲・コンサート活動を続けていた2001年。

子宮内膜症が悪化し、子宮を摘出することになったのです。

いくらすでに一人子供がいたとはいえ、女性にとって、子宮という女性特有のものを取ることは非常に辛いものだったのでしょう。

しかし長年苦しめられていた子宮内膜症の痛みから逃れられる喜びの方が勝ってしまっていたかもしれません。

しかし子宮摘出から半年後、左胸に乳がんがあることが発覚しました。

平松愛理さんが38歳の時です。

ステージ4乳がんで音楽活動を2年間休止

乳がんの手術は乳房を残す方式と、乳房をすべて切除する方法があります。

平松愛理さんの場合は「乳房温存療法」という方法だったようなので、

“乳房を残しながら、がんが発生した部分だけを取り除いた”

ということになります。

一般的にその手術をしてから1か月後に放射線治療が始まります。

放射線治療の精度は現在の医学では非常に高いものになっていますが、やはり気になるのが副作用です。

平松愛理さんも副作用により、一時的に声を失うという歌手として非常に辛い体験もしています。

しかし平松愛理さんは8回にも及ぶ手術と放射線治療を行い、がんを克服することに成功したのです!

癌を克服した秘訣とは?

平松愛理さんは後に、がんと診断され絶望の淵にいる友人にこう語りかけたとか。

「がんなんて怖くない。むしろ死と向き合ういいチャンス。

あなたはこういうしゃべる仕事をやっているんだから、あなた自身がこれから話していくことによって誰かを勇気づけたり、何かを伝えたりすればいい。

もしかするとこれは天から与えられた使命なのかもしれない』

こういった前向きな気持ちによって、平松愛理さんはがんに打ち勝ったのかもしれませんね。

人生の大半を病気に悩まされ続けた平松愛理さん。元気になって本当に良かったですね!

Sponsored Link

結婚生活12年もすれ違いによる離婚。長女は何歳?有吉反省会で香水のつけすぎを指摘?

平松愛里 香水 画像
出典元:https://www.daily.co.jp/gossip/


平松愛理さんは「部屋とYシャツと私」などの楽曲を一緒に作った編曲家・清水信之さんと1994年に結婚。

公私ともにパートナーとなりました。

あの「部屋とYシャツと私」を一緒に作ったくらいですから、お互いの結婚観を十分話し合ったように思えますが、世の中そんなうまくいくことはなく・・・

結婚生活12年もすれ違いによる離婚。

2005年すれ違いが原因で離婚してしまいました。

しかし、憎しみ合って離婚したわけではなく、お互いが自由になり、相手に優しい気持ちにするために離れる決意をしたようです。

そのため子供の行事などは、元・夫婦で一緒に参加しているのだとか。

つまり円満離婚ですね。平松愛理さんは「部屋とYシャツと私」でもそうですが、いつも時代の先端を行っている気がしますね^^

そして現在は都内の一戸建てで長女と2人暮らしです。

平松愛理さんの長女は何歳?

娘さんは1996年生まれですから、現在21歳になっていますね。社会人になったり結婚などで、いずれ家を出て行ってしまう日を思うと平松愛理さん、寂しいでしょうね。

・・・と思うところですが、平松愛理さんはおっとりしているように見えて実は行動派なんだとか。

7月31日放送のバラエティ番組「もしかしてズレてる?」では90年代に活躍した歌姫の現在を追う特集をしており、平松愛理さんを久しぶりにテレビで拝見しました!

昔のようなほんわかした雰囲気は変わっていなかったですねー!

53歳にしては、しわもなく、格好もオシャレでしたよ^^

「もしかしてズレてる?」の番組内容は?

もしかしてズレてる 平松愛理 画像
出典元:http://cdn2.natalie.mu/


平松愛理さんははやり芸術肌、モノづくりが好きなようで、家をアーティスティックに改造しているようです。

スタッフと共に自宅へ。

一軒家に娘と二人暮らし。

フロアには自分でオーナメントがたくさん飾ってありました。
平松愛理さんは立体的で、光っているものが好きなんだとか。

そのため窓からは惜しみなく光が差し、きらきらとした素材のオーナメントが多いです。


そして夜は幻想的に光を放つランプ。

これはすべて手作りだそうですよ!デザイン、買い出し、創作は全て一人でこなすのだとか。


全体的に花をモチーフにしたものが多いのが印象的でしたね。

洗面所にもこだわりを感じます。


しかし広い洗面所にひとつだけ気に入らない点があるのだとか。

顔を洗い終わった時にタオルを取るまでの一瞬ですが、その時に目にする鏡の下の花柄のタイルの存在が気に食わないらしいです。


何がどう嫌なのか分からないのですが、とにかく嫌みたいです^^;

こだわりが強い方のようですね!やっぱり芸術家なんでしょうか。

そこで新しく別のオーナメントを創ろうと平松愛理さんはカメラを引き連れて動き出します!

東急ハンズに買い出しに向かう平松愛理さんは、かつてのミリオンヒットを出した人気歌手というより、やっぱり普通のおばさんでした^^;(失礼)

エレベーター使わないで階段を必死に上る姿に、元気な様子がよく分かって安心しましたけど。

そして自宅に帰って、真剣な表情でモノづくりをする平松愛理さん。

途中、ギャル?のような発声をしたり、出来上がった時には「かーわいい~!」と無邪気に喜ぶ姿は、昔のおとなしそうなイメージとはかなり違っていましたね。

そして4時間ほどかけて太陽・光・しずく・緑・土などをモチーフにした新たなモチーフが完成!

大満足の平松愛理さんでした^^

スタジオに戻ってリンドバーグの渡瀬真紀さんはぽつりとひと言。

「何がしたいのかなぁ・・・」(笑)


>>渡瀬マキ 旦那(平川達也)は天然?子供の学校どこ?現在は病気?2


そのあとに紹介された岡本真夜さんもそうでしたが、音楽を創るような芸術家肌の人は、やはりモノ作りにはこだわりが非常に強いようですね^^


でも楽しみながらやられているようなので、元気そうな平松愛理さんの姿も見ることができたし、良かったです!

平松愛理は香水をたくさんつける?

電車や街中などの人込みで香水や柔軟剤による強い香りを出す人は、いわゆる「香害」(こうがい)と呼ばれていますよね。

一時期、強い香りの外国製の柔軟剤が流行った時は、みんなその匂いがしていました・・・^^;

それくらい他人の香水の匂いは不快と感じる人が多いのですが、平松愛理さんは尋常じゃない量を付けており、テレビ局でもスタジオや楽屋でも異臭と言われているそうです。

ライブ会場で、ステージにいる平松愛理さんの匂いが観客のところまで行くとか・・・。

ファンはもう知っていることなので、それほど気にしないらしいのですが、気分を悪くする人もいるかもしれません。

なかなかこだわりの強い方のようなので何らかの理由があるのでしょうが、ほどほどに御願いします・・・。

Sponsored Link

最後にまとめ


・平松愛理さんは1992年に大ヒットした「部屋とYシャツと私」が代表曲です。
現在も音楽活動を続けています。

・子宮筋腫の後、乳がんステージ4を患い、2年間歌手活動を休止して辛い闘病生活を送っていましたが、前向きな思考でがんに打ち勝つことができました!

・結婚生活12年で夫と離婚しましたが、現在も良好な関係を築いているとのこと。
長女は21歳になり、母娘で仲良く暮らしているようです。

・有吉反省会で香水のつけすぎを指摘?
有吉弘行さんに香水のつけすぎより「臭い」と指摘されました。一回に付ける量は半端なく、周囲は困惑している模様です・・・・

今日はアラフォーには懐かしいシンガーソングライター・平松愛理さんを書きました。

子どもの頃は理解できなかった名曲も、大人になった今、改めて聴きなおしてみれば新たな発見や感想が生まれてくるかもしれません。結構おすすめですよ♪

病気を克服してすっかり元気になった平松愛理さんの今後の活躍を楽しみにしましょう!

また「部屋とYシャツと私」のようなヒット曲が生まれることを期待しています^^
Sponsored Link
Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています