船越英一郎さんに大宮エリーさんが送ったと言われる手紙を、松居一代さんが動画で公開しました。

しかし、その筆跡から手紙は松居さんの捏造では?と噂されています。

筆跡鑑定で真相は明らかになるのでしょうか?手紙の内容と2人の関係も気になりますね!


Sponsored Link

船越英一郎と大宮エリーのデートは「ソロモン流」の番組企画だった…

もし手紙が大宮さんの書いたものなら、テレビ番組「ソロモン流で共演した時のお礼ではないかと言われています。

番組は、大宮さんと船越さんがデートをする企画でした。お台場で観覧車に乗ったり、2人は甘~いデートをしています。

それもこの企画は、大宮さんのたっての希望だったとか。

この放送を観た後に嫉妬深い松居さんが手紙を発見したら、誤解しても仕方がないのかもしれません。

ところで、松居さんが最初に船越さんの不倫相手と主張した、ハワイの成田美和さんを覚えていますか?

彼女も「ソロモン流」で船越さんと共演しているんですよね。

成田さんのことはどうなったんでしょうね?


Sponsored Link

大宮エリーを知らない人のために、彼女の経歴と人間性は?

大宮エリーさんは、現在41歳。

本名は大宮 恵里子さんです。

なんと東大薬学部を卒業しています!

脚本家、CMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家、ラジオパーソナリティ・・・肩書き多すぎ!!マルチな方ですね。

結婚歴や離婚歴はなく独身です。

仕事と酒をこよなく愛しているようで、私生活は仕事!酒!仕事!酒みたいですね(笑)

酒に関してだけは筆者と同じです(笑)以前、スピッツの草野マサムネさんと結婚したという噂があったようですが、大宮エリーさんが監督を務めた映画の挿入歌を歌っていただけらしいです。

個人的にですが、マサムネさんにはずっと独身でいてほしいのでデマで良かったです!

でも、もし2人の子供ができたら、才能豊かな子供が生まれそうですよね。

ちょっとだけ見てみたいような・・・いや、やっぱりマサムネさんはダメです!


Sponsored Link

ネックレスプレゼントの意味は?シール付きの手紙の内容や筆跡に違和感?ネット民の間では捏造疑惑も? 松居一代の目論みと次なる手は何か?

さて、本題の手紙に戻ります。

筆者が読んだ印象では、不倫や浮気を直接疑うような内容ではないですが、下心はあると感じました。

「女」は確実に意識しているなと。

もし、これを書いたのが大宮さんならば、既婚者にこんな手紙を送ること自体いかんだろうと思います。

が、問題は大宮さんが書いたかどうか。

今回の手紙の筆跡を見ると、大宮さんの筆跡より松居さんの筆跡に近いのです。

当然、ネット民たちは捏造だと騒いでいます。

さらに、手紙と一緒に同封されていたという、シール2枚とネックレス1つも松居さんは公開しています。

この2枚のシールが不気味なんですよ。

1枚は名前も画像も恥ずかしいものでして・・・説明しづらい「お○んちんシール」、これ誰が描いたか未だに不明のようです^^;

もう1枚は「どきどき恋のおまじないシール」という名前らしいのですが、こちらもかなり独特です。

ネックレスは「恋のおまじないネックレス」だそうで。

動画に映し出されたのは裏面だけになっています。

しかし、これには当然表面が存在しまして、表面には実は「LOVE THE LIFE〜」というボブマリーの名言が刻印されています。

ボブマリーの名言=「恋のおまじない」と称しているんですかね〜^^;

ちなみにこのネックレス、KoToDaMAというブランド。

価格は1万4千円と…、まぁまぁお高いものです(大宮さんの金銭感覚はわかりませんが)

なお、「どきどき恋のおまじないシール」はこのネックレスについてくる“おまけ”であることも判明しています。

このシールとネックレスも、番組共演のお礼だったのでしょうか?

だとしたら、かなり規格外で一般人の筆者には理解しがたいセンスです(笑)いや、もしこのシールやネックレスも松居さんの自作自演だとしたら?ますます目論みがわかりません。

松居さんは動画内で「視聴者の皆さんはどう思いますか?」と、手紙を読んだ後に質問を投げかけて終わっています。

結論はなし…

成田美和さんの時と同じく、明確な浮気の証拠もなく終わってしまうのか?

それとも何か次の手があるのでしょうか?

大宮さんのオフィシャルサイト「エリブロ」では、大宮さん側のコメントも発表されましたが、騒動を否定しただけ。

とにかく、すべてが「もしも」でイライラしますね〜

せめて筆跡鑑定でどちらが書いたのかくらいははっきりしてほしいものです^^;


Sponsored Link

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています