清原 画像
出典元:www.asagei.com



6月29発売のNumberに、清原和博さんの独占インタビュー情報が掲載されています。

発売告知したSNSでは、表紙を飾る清原氏現在画像を公開。


すぐにネットで拡散されました。

そのはまるで別人だと衝撃を受けた人が多いようです。

果たして清原氏の現在の生活とは?

Sponsored Link

清原の高校時代〜プロ選手の代表的な記録は?

桑田と清原 画像
写真:左_桑田真澄  右_清原和博   出典元:news.livedoor.com


懐かしいKKコンビ!

清原和博さんは、大阪府出身で現在49歳です。

高校時代は、全国から精鋭が集まるPL学園で、1年生から4番に座り、甲子園5季連続出場を果たします。

1大会最多打点記録 5本 の記録は、未だに抜かれていません …と言いたいところでしたが

な、なんと32年ぶりにこの記録が破られました!


1大会最多打点記録 6本 を更新したのは次世代のスターは中村奨成



清原和博さん、卒業後はドラフト1位で西武ライオンズに入団。

清原画像
出典元:pinky-media.j

10回のリーグ優勝8回の日本シリーズ優勝525本塁打ゴールデングラブ賞5回など、プロになってからの記録もすごいですよね。

これが全部じゃないんですけど(笑)

しかし、彼の最も突出していた所は、大一番での勝負強さです。

通算サヨナラ本塁打通算サヨナラ安打、さらには通算サヨナラ満塁本塁打全てで日本記録を保持しています。

奇跡と言えるほどの記録ですよね。

スターになるべき星の下に生まれてきた人、そんな風にも感じます。

Sponsored Link

釈放後のバッシングや恩人の死による心労が原因で老けた?

清原和博 最新 画像
出典元:http://number.bunshun.jp

激しい体型変化は糖尿病?雑誌Numberで見せた顔は別人だった…

雑誌Numberで見せた彼の顔は、どことなく老けてしまった印象があります。

清原氏の逮捕後「覚せい剤を打った翌日にホームラン三本」など、真偽も定かではない情報がメディアで報じられ、バッシングは凄まじいものでした。

それは釈放後の清原氏を苦しめたようです。

さらに2017年4月、深い悲しみが彼を襲います。

釈放後の彼を「付き人」として支えた恩人が、突然、自ら命を絶ったのです。


清原氏の憔悴ぶりは見ていられないほどだったようです。

出典元:news.livedoor.com


そんな心労が重なったせいで一気に老けてしまったのかもしれませんね。

また、彼は激しい体型の変化が見られます。

釈放直後は激ヤセしていました…

出典元:yoshidaproject.com


恩人のお通夜に現れた彼は、少しふっくらした印象でした。

清原和博 現在 画像

出典元:vip.blomaga.jp


この激しい体重変化は、重度の糖尿病を患っているため、それが原因の1つになっているようです。

昨年の11月には、糖尿病が原因で足切断という噂まで流れました。

そんな彼の変貌ぶりに、ネット上では「見ていられない」という声が多いです。

確かに、全盛期の彼の姿を思い出すと切ないですね…

Sponsored Link

Numberで告白した内容、これからの清原はどこへ…


出典元:news.livedoor.com


外見だけでなく、中身もかつての清原氏とは別人のようです。

強気の番長はもういません。

「告白」と題したインタビューでは、昨年3月の保釈後から続く、薬物との戦いや彼の苦しみ、弱さを赤裸々に語っています。

「一日、一日が戦い」と語る薬物治療の実態、「これからどうやって生きていけばいいのか、不安にもなります。一日、一日を生きていくことを考えるしかない・・・」と言う、未来への不安。

2017年現在は、主に糖尿病の治療に専念をしていると言われています。

まずはしっかりと治療をして、これからの人生を考えていくしかないのかもしれません。

清原氏はまだ深い闇の中にいるのです。

引退後、背中などに刺青を彫ったことは有名です。

雑誌やネット上でもその画像は取り上げられていました。

>>足の入れ墨画像


>>身体の入れ墨画像


刺青を彫った理由、以前は「憧れていたから」と笑って話していましたが、実はそれだけではありません。

引退後、野球に関わる仕事がなかなかできないことにヤケになっていたのです。


【関連記事】


私からひと言

今後、刺青を消すことも彼は誓っています。

容姿に関する声だけでなく、「がんばれ」や「応援する」という温かい声も多く見られます。

大きな過ちを犯してしまった彼でも、復活を信じて待っているファンはたくさんいるのです。

薬物だけが彼の人生の全てではなかったことを思い出してあげてほしい。

そしてできれば、野球に関わることを許してあげてほしい、と個人的には思います。

Sponsored Link

こちらの記事もよく読まれています