加藤美優
出典元:nissy0909.com


昨年のリオオリンピック閉会式で、アトラクション映像に登場した加藤美優さんのファンが急増中です。


ポスト福原愛とも呼ばれていますが、ショートヘアでかわいいですね!


もちろんかわいいだけではなく、実力もかなりのものです!

Sponsored Link

高校はどこ?経歴がすごい!

加藤美優さんは、東京都武蔵野市出身の18歳。


卓球に専念するため通信制の中央高等学院・吉祥寺校に在籍しています。


2017年4月に日本ペイント所属契約を結んだことが発表されました。


高校卒業後は大学には進学せずに、所属選手として活動されるのですね。


企業所属選手一般社員と同程度のお給料+大会賞金やスポンサー料もありますよね、かなりうらやましいです!


美優さんが卓球を始めたのは、6歳の夏です。


それから11カ月後の全日本選手権大会バンビの部(小2以下)でベスト8入り小学6年生の時に全日本選手権女子シングルスで5回戦進出を果たします。


小学生が勝ち残るのは福原選手以来の快挙でした。


中学1・2年生の時に全日本選手権女子シングルスで2年連続ベスト16入り。


2016年のITFワールドツアーではシングルス優勝3回、同年6月時点で、過去最高位となる世界ランキング29位になりました。


福原選手の登場以降、卓球の早期英才教育が主流になりつつある中で、美優さんのスタートは決して早い方ではなかったかもしれません。


しかし、そのハンデをカバーするほど美優さんの才能には目を見張るものがありますね。


「みうみま」にも負けず劣らずです!

Sponsored Link

必技ミユータは父親との結晶?卓球の使用ラバーは?


才能だけではなく、美優さんは努力も人一倍に積んでいます。


小学生時代は練習場に改装した祖父母宅のガレージで父親と共に特訓の毎日。


小学校卒業後は「JOCエリートアカデミー」に所属し、親元を離れて「味の素ナショナルトレーニングセンター」で集団生活を送りながら、日々練習に励みました。


中学卒業後は実家に戻り、1日6時間以上の練習に明け暮れているそうです。


美優さんの必殺技ミユータ」は、小学校5年生の時に1年かけて父親と編み出したもの。


元々ある「チキータ」という技に「美優」の名前がミックスされたものです。


バックハンドで鋭く横回転をかけるため、卓球ラケットラバーの裏面には、硬すぎずスピード回転の両立がしっかりとしている「テナジー80」を使用しています。


すごい変化球で相手にはとても扱いにくいのだとか。


この「ミユータ」で福原選手をあと一歩まで追い詰めたこともあるんですよ!


美優選手は右利きなので左手は使いませんが、水谷準選手は訓練で右利きから左利きに変えたんですよね。


おそらく両手を駆使しての攻撃が可能なはず。


同年代のライバルが多い美優さん、さらにミユータを進化させた超必殺技「左手ミユータ」なんてどうでしょうか?


言うのは簡単だと怒られそうですね(笑)

Sponsored Link

父親が元日本リーグ卓球選手で卓球倶楽部を経営


ミユータ」を生み出した父親加藤功二さんは元日本リーグの卓球選手です。


現在吉祥寺卓球倶楽部」を経営しながら加藤美優選手コーチも務めています。


いつも持ち歩いているラケットケースには、功二さんのアドバイスメモが入っているのだとか。


美優さんのお母様病気を患っていて海外に出るのが難しいそうです。


そのために「東京で地元でメダルをとる」という美優さんの気持ちは相当なもの。


ご家族一丸となって頑張ってください、応援しています!


YouTubeでは「ミユータプレー集」など、美優さんの動画がたくさんアップされています。


動画コチラ

Twitter画像かわいいんですよ。


変顔をしたり、世界を相手にするトップ選手とは思えないほどです。


ちなみに、インスタはやっていないようですね。

ちなみに「月曜から夜ふかし」に出演したこともあるそうですが、残念ながらその動画はみつかりませんでした^^;

【関連記事】


でも、やはり一流卓球選手、動画画像を見るとふとももはかなり立派ですね、日々練習に励んでいる証でしょう。


東京オリンピックではさらに鋭さを増した「ミユータ」炸裂を期待したいですね!

こちらの記事もよく読まれています