飯田圭織さんは、1981年生まれ、今年で35歳になります。


1998年にモーニング娘。1期生としてアイドルデビュー、中澤裕子さんが卒業後は、2代目リーダーとしてグループの中心となり活躍していました。


2005年1月に、7年間在籍した「モーニング娘。」を卒業し、その後、2007年に結婚し、1児の母としてソロ活動を継続中です。


2011年、モー娘OGとして「ドリームモーニング娘。」でコンサートやテレビ番組で活躍しています。


Sponsored Link

飯田圭織、子供を亡くす辛い過去を乗り越え、現在はママタレに


飯田圭織さんは、長男を病気でなくすという悲しい過去があります。


2008年1月22日に一人目の子供を出産しますが、「慢性腎不全」という病気で、わずか6か月で亡くなってしまいます。


その時の心の痛手は計り知れない位深く、親しいスタッフさんでも、声をかけられないほどだったそうです。


そんな時、飯田圭織さんを励ましてくれたのは、旦那さんや、両親、元モー娘メンバー、友人です。


それで、少しずつ元気を取り戻していきます。


子供の命日が終わり、飯田圭織さんは、ある決意をします。


「明るく前向きに生きていくことが、息子にとって一番の供養」「新たな1歩は、いつも応援してくれるファンの前で踏み出したい」と、長男の納骨後に、子供のために明るく前向きに生きていくことが長男への供養と考え、芸能界に復帰します。


2013年5月13日に元気な男の子を出産しました。


ずっとあいたかったわが子を抱くことができ幸せいっぱいです。」と喜びのコメントをしています。


ここまで復帰するには、いろんな心の格闘があったことでしょう。本当は真の強い人なのでしょう。

「ちくわ弁当」に反省。有吉反省会で行ったみそぎがヤバイ!

ちくわ笛

ちくわ笛を練習する飯田圭織
出典元:飯田圭織のいいかおり〜 http://ameblo.jp/kaori-iida/


飯田圭織さんは11日に放送された「有吉反省会」(日本テレビ系)で「日々の食事にちくわばかり使ってしまうこと」事を反省し、禊としてちくわ笛を練習する羽目になってしまいました。


飯田圭織さんの料理は、毎日ちくわのオンバレードとなってしまったきっかけは、ある日、飯田圭織さんの子供が「ちくわ美味しい」と言った事で、毎日、ちくわを使うようになり、子供のお弁当にも、ちくわが盛りだくさんです。


ちくわ画像


チクワ揚げ、チーズ入りちくわ、肉巻きちくわ、ちくわキュウリと、お弁当にちくわが2品も出現する事もあるそうです。


実際にブログに載せているちくわの画像は

コチラ

お子様も美味しそうに食べていますね

コチラ

出典元:飯田圭織のいいかおり〜 http://ameblo.jp/kaori-iida/



自分では、自覚もなく無意識に多用していると反省していました。


「有吉反省会」の禊のちくわ笛の練習の為に、逆に、ちくわの食べる量が増えたと言っていました。


本当にちくわ好きなんですね。


しかし、SNSの写真には、ちくわ以外を使った料理も沢山アップされています。


手抜きでちくわばかり使っているわけではなく、美味しい料理を食べて欲しいと考えて、ついつい使ってしまう所もあるのでしょうね。


Sponsored Link

飯田圭織、夫の仕事は?安月給っていくらぐら


飯田圭織さんの旦那さんの仕事はと言うと、昔、ケンジという活動名で、7HOUSE(ゼブンハウス)というロックバンドのボーカルを務めていました。


ちなみにプロデュースはつんく♂さんです。つんくさん繋がりの二人ですね。飯田圭織さんは、デキ婚だったようです。


しかし、バンドは売れる事なく、2002年に解散。


旦那様は、解散をきっかけに芸能活動を辞めてしまいます。


現在の仕事は、普通のサラリーマンで「アップフロント」という会社の社員です。


アップフロントは、芸能人プロダクションで運営はつんくさんがやっています。


解散した次の年から、働き始めたと考えると勤続15年給料は30万を越していると言考えられます。


そこで、調べてみたところ、アップフロントの給料は30歳・中途入社・3年未満で基本給25万+時間外手当3万5千円+通勤手当2万円(月収30万5千円)となっていました。


多分年収は500万〜800万なのではないでしょうか。


今は、お子様との写真をSNSに頻繁に投稿して、とても仲むずましい様子が伝わってきます。


辛い過去を乗り越えて、ママタレントとして、もっと活動の幅を広げて、素敵な笑顔をいつまでも見せてくれるでしょう。


今後、どんな素敵な顔を見せてくれるか、とても楽しみですね!


飯田圭織さんは、心の強い素敵な女性です。


Sponsored Link

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています