清水富美加さんは、2009年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めていました。
2011年9月4日 – 翌年8月26日までの連続テレビドラマ「仮面ライダーフォーゼ」に城島ユウキ役として出演、その後の仮面ライダーの映画にも数多く出演しています。

NHKの朝の連続ドラマ「まれ」で、主人公の同級生を演じ注目を集め、知名度が一気に上がりました。

着々と実力をつけ、レギュラー番組も増え、映画の仕事やCMの仕事もこなしていた矢先、2017年2月急に幸福の科学に出家すると発表して、世間をびっくりさせました。

真相はどうなのでしょうか?


Sponsored Link

清水富美加、ベッキーの後釜と言われるゆえんと人気の理由?

清水富美加さんは2016年4月から土曜朝の情報番組「虹色ジーン」にベッキーさんの後釜としてMCを努めています。

たしかに清水さんは明るいしいつも笑顔だし朝の顔にぴったりでした。

清水さんといえば『鼻』も注目されました。その理由は2015年10月22日の『ごきげんよう』に出演した時に自分から「鼻の間が平だから上向いた時にブタと同じ構造になる」「鼻がちょっとブサイクだなと思っている」と発言しています。

映画『東京喰種 トーキョーグール』の役作りの為、長かった髪を12年ぶりにショートカットにして、にじいろジーンで、初お披露目しました。

他の共演者から、「似合う」「可愛い」と絶賛されていましが、ネットなどでは「清水富美加の顔やイメージからしてショートは似合わない」「あのふんわりした感じがなくなって似合っていない」などの声もあります。

長年のファンはギュップに戸惑いを感じているのでしょう。

幸福の科学に行くのは何のため?

清水富美加さんの両親が幸福の科学の信者だったので、子供の頃から折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事に参加していた熱心な二世信者です。

「13歳の時から芸能界で仕事をしてきて、仕事の内容に心が追いつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず毎日がギリギリの状態でした。

それで幸福の科学に出家します。」と胸の内を語っていました。

「すり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった」とも発言しています。

水面下での情報で、清水さんの父親に5000万円の借金があり、それを教団が肩代わりしたという噂が流れましたが、教団は「事実無根」と否定しているようです。

数々の賠償問題に対して今後どうするつもり?

清水富美加さんは「泥棒役者」(西田征史監督、11月公開)の映画に出演予定で、撮影が進んでいました。

降板が決定して、代役による撮り直しを検討しており、清水さんのドタキャンによる撮り直しで発生した費用などの負担については協議中とのことです。

主演映画の「暗黒女子」(4月1日公開)の完成披露試写会が21日には予定されています。

主役不在という異例の試写会になりますが、注目を集めるでしょう。

また、出家を公表した時「ニベア」「花王」「コスモ石油」のCMに出演していました。

「ニベア」の公式サイトでは、清水さんの画像と動画は削除されています。

出演タレントに突然想定外のイメージが付いてしまうと企業は困ってしまいますよね。

契約打ち切りとなれば、当然違約金が発生しますし、契約も途中なので未消化分について損害賠償が発生する可能性もでできているんです。

これについて教団側は、所属事務所の労働環境に疲れているうえに精神的にも弱っていた為「出家」という形で清水さんを救済したと主張しているんです。

これに対して、所属事務所は信仰の自由は尊重しますが本人は積極的に仕事に取り組んでいて、仕事を押しつけたことはなく、本人が嫌がっている仕事を無理やりさせたことは一度もないと述べています。

そして報酬に関しては、正当な金額を支払ってきたと反論しています。

双方、言い分があり、難しい問題ですね。

清水富美加の新ツイッターアカウントは「sengen777」(「幸福の科学」大川隆法の誕生日は「7月7日」ということから)

新ツイッターアカウントで投稿開始しています。

これから何を投稿して、世間をざわつかせるのでしょうか?

気になるところです!


Sponsored Link

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています