引用:http://www.cinra.net

日本の音楽界の歴史の中には、その時代を代表するような女性歌手、いわゆる「歌姫」と呼ばれる存在が何人もいますが皆さんは歌姫と言うとどの人を思い浮かべるでしょう。

比較的新しい人としては、宇多田ヒカルを挙げる人が多いかも知れませんね。

宇多田ヒカルはたくさんの大ヒット曲を歌っているだけではなく、それらを自分で作詞作曲した日本が誇る天才歌手として有名になった女性です。

現在では、全盛期のような目立った活躍をしていないのも事実なので病気なのではないかといううわさが流れることもあります。

特に怖いうわさとしては、目の病気で失明の危機なんじゃないかと言うものまであるんです。

実際のところ、彼女の現状はどうなっているんでしょうか?

Sponsored Link

劣化の原因は病気か、それとも子育て?

実は、彼女は2004年に卵巣のう腫になって腫瘍の摘出手術を受けたことがあるんです。

その時はそれほど重病ということはなく、手術も成功してその後も卵巣に問題はありませんでした。

また、彼女は容姿が劣化したと言われることもあるんですが、それは年齢を重ねると仕方がないことですし、また2015年にはお子さんを生んでいるので、子育ての疲れもあるかも知れませんね。

Sponsored Link

旦那が“ヒモ”で劣化が加速

写真:宇多田ヒカルと旦那のフランチェスコカリアーノさん

ただ体調や容姿に関係する彼女の色々な問題が、ヒモ旦那のせいじゃないかという噂もあるんですよ。

彼女は現在の旦那とは再婚で、日本人だった最初の旦那とは違ってイタリア人、しかも八歳も年下の男性なんです。

彼は結婚してからは、仕事を辞めて毎日ブラブラしているとか、彼女のお金で自分の店を出したがっているといった話が出ているので“ヒモ”と呼ばれても仕方がないかも知れません。

でも、彼女にはその旦那との間の子供も生まれていることですし離婚してないということは、彼女自身がそれでいいと思っているということなのかも知れないので色々な問題を全て彼のせいにするのはかわいそうかも知れません。

しかし、みんなから“劣化”と評されるくらいイマイチ元気に見えない宇多田ヒカルさんは、働かない旦那に対して心の底では不満を感じているところがあるのかも知れませんね。


日本の多くの女性が旦那の稼ぎが悪いだとか、甲斐性がないだとか騒いで、男の価値を経済力に求めているところに宇多田ヒカルさんは「私が旦那に求めるのは経済力ではない」というコメントをしていたことがあります。

私はそれを聞いて「宇多田ヒカルしか言えないコメント」だなと思いました。

多くの女性は男を養える稼ぎなんてないのですから…

私はそれと同時に「宇多田ヒカルは、なんだか無理してる」とも思いました。

幸せはお金なんかじゃない!と言いたげな宇多田ヒカルさんでしたが、心のどこかで「冴えない旦那に落胆している」部分を隠しているんじゃないのでしょうか?

そんな微かな心の摩擦やジレンマが宇多田ヒカルさんの劣化をさらに加速しているような気がしてなりません。

Sponsored Link

“失明の危機”が噂されるのは母親のせい?

写真:若き日の藤圭子

 

また彼女に病気の噂が立ちやすいのは、亡くなった母親が関係しているのだとも言われています。

彼女の母親は藤圭子さんといって、娘さんと同じように歌手として活躍したこともある女性でしたが、重い精神障害に悩まれされて、自分で自分の命を絶つという悲しい亡くなり方をしてしまった方です。

またその母親は網膜色素変性症という目の病気も抱えていて、それは子供に遺伝する可能性があるものだということから宇多田ヒカルもまた失明の危機だという噂の元になったんじゃないでしょうか。

実際には彼女の目は悪くないということなので、そのうわさはデマだと思っていいでしょう。

Sponsored Link

こちらの記事もよく読まれています