倉本朋幸さんをご存知ですか?
最近テレビやグラビアで見たくなったとか消えた?と言われていたアイドル和希沙也さんの旦那さんです。

私自身は、天真爛漫で元気で美しい姿の和希沙也さんのグラビアで何度も悩殺されたことを覚えています。最近になって和希沙也さん、第一子となる女児を出産されたとことを最近発表されましたね。

和希沙也さんの画像はコチラ

さて今日は、和希沙也さんの旦那さんである倉本朋幸さんについて調べてみようと思います。倉本朋幸さんを検索すると「倉本聰」さんとでてきます、息子さんなのでしょうか?

倉本聰さんはと言えば「北の国から」「前略おふくろ様」「優しい時間」などを書いた日本を代表する作家さんです。ここ最近では2008年10月9日〜12月18日まで放送された ドラマ「風のガーデン」の脚本を手がけていますね。
北の国からと同じ富良野を舞台としたドラマだそうです。

その息子さんが倉本朋幸さんでございますと言いたいところなのですが、オーマイガー!この二人は親子ではありませんでした(やっぱり顔も似ていません…)

倉本朋幸さんの画像はコチラ

次に倉本さんを調べてみると“創価学会”というキーワードがでてきます。創価学会の会員さん、芸能界に沢山いますよね〜

倉本朋幸さんも“創価学会”ではないか?と言われているんです。
そして、よ〜く調べてみたら「和希沙也」さんが創価学会でした。

倉本朋幸さんのほうは、どうなんでしょうか? Wikipedia(ウィキペディア)でしらべてみると、限定的なことはのっていませんでした。



倉本朋幸さんをもっと詳しく…

倉本さん生まれは高知らしいですね。
高知名物と言えば「芋けんぴ」「満点の星大福」が美味しくて有名らしいですよ^^ちなみに高知名物はコチラ

おっと!本題に戻ります。
倉本さん、生年月日は1981年8月28日。

幼い頃から、テレビが好きな少年だったのでしょうか。小学校や中学・高校などのプロフィールが記載されていませんが、きっと青春時代は演劇に夢中だったに違いありません。演劇をやる人は自己表現に長けているのできっと沢山の異性を引きつける人気者だったんじゃないでしょうか。

演出家としてのデビューは2010年。「オーストラ・マコンドー」をという演劇プロデュース・ユニットを立ち上げます。

オーストラ・マコンドーってどんなところ?

倉本朋幸さんの主催する「オーストラ・マコンドー」ってどんな劇団なのでしょうか?コンセプトは「より多くの人々が演劇を通して人生を豊かに、幸せなものになって欲しい」というものだそうです。

自分以外の誰かを想い、幸せを願う。その気持を演劇に乗せて表現するとても大きな信念によって活動されています。きっと熱いハートの持ち主なんでしょうね。和希さんが好きになるのも頷けます。

倉本朋幸さんの掲げる志のもと集まったエリート集団。気になりませんか?Facebookページがありますので、このチャンスにこっそり覗いてみてください。⇒オーストラ・マコンドー Facebook

そんな朋幸さんも現在の年齢は35歳になります。若くて写真からはそう見えませんね、とても若そうです。

ともさかりえさんとの噂は?

調べを進めると「ともさかりえ」さんもセットで検索されているようです。何か倉本朋幸さんとともさかりえさんに深い関係があるのでしょうか? 気になるところです!

だがしかし、調べを重ねてもホコリが出てきません^^;ここれは、もしかして…演出家違いでは?

そうなんです、ともさかりえさんが離婚された方も“舞台演出家(舞台演出家で俳優の河原雅彦さん)”なのです。なので、もしかしたらと「もさかりえさんと離婚した相手は誰なんだー!?」って思った人が同じ舞台演出家の倉本朋幸さんを検索したのかも知れませんねぇ。あー、紛らわしいーっ!

おっと!根本の話に戻しますと倉本朋幸さんが創価学会であるかどうか?でしたね。更に詳しく追ってみたいと思います!

出会いが創価学会の会合かも知れませんしね。こうなったら、二人の馴れ初めを調べてみたいと思います。

倉本朋幸と和希沙也の馴れ初めは?

倉本さんと和希さんの馴れ初めですが“舞台”がきっかけのようです。倉本さん自ら演出する劇団「オーストラ・マコンドー」の舞台で女優として和希さんが出演されました。

タイトルは「東京の空に」というもので、これ即興舞台なんですってね。初の舞台が即興、演劇用語では「エチュード」というらしいのですが、こりゃぁ緊張するわ…

私ごとですが社員100人の前でスピーチをするときはガチガチに緊張しますし、失敗したくないばかり必死に暗記しますからねっ!喋ることを。それでも失敗して噛んだり、頭が真っ白になったりして次に何を話して良いのか分らなくなって中断したときには、暗記しても流暢に話せない自分が死ぬほど嫌になりましたからねぇ。即興で話すなんて、命綱の無いバンジーのようなものです。

和希さん、相当なプレッシャーだったんじゃないかな…
その当時の記事がありましたのでご覧くださいコチラ

でも、この舞台で人生最大の宝物である倉本さんと出会えて良かったと思います。不安な即興で台詞も無い、つかみどころのない不安に襲われた和希さんの気持ちをしっかりと受け止め、安心させ、舞台を成功に導いてくれた倉本さんの懐の深さとリーダーシップに将来を予感させるものがあったに違いありません!

事実、この舞台の打ち上げ後に交際に発展し、結婚します。交際期間は2ヶ月で当時は「スピード婚」と話題になりました。

倉本の芝居に対する情熱や人間性に惚れているのは今も変わっていないようで、和希さんのブログには旦那さんのこと子供のことの愛で溢れていることが伝わってきます。

和希さんのブログはコチラ

結局、倉本朋幸さんが創価学会の可能性は?

二人の馴れ初めから現在を追ってみても創価学会であることは追求できませんでした。私の宿題とさせてください(謝罪)

しかし、二人が幸せならば創価学会かどうかは関係ナシ、ということが支え合って信頼し合っている二人を見て思ったことでございます。


Sponsored Link

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています