松居一代 画像

出典元:blog.livedoor.jp



松居一代さんの両親はともに健在で、現在滋賀県で暮らしています。

父・修さんは元競艇選手で65歳で現役を引退、その後政治家を目指すなど、非常にパワフルな方です。

一方、母親は今から13年前、乳がんで余命を宣告されるほど進行していました。

そんな母親を何が何でも救うため、松居一代さんは奮起して病院を探しました。

その結果、がんを克服することが出来たのです!

お母さんは84歳になった今も元気で暮らしています。

勝負師の血が入っているせいか、バイタリティー溢れる性格の松居一代さん。

母親を救えたのもそんな性格のお陰かもしれません。

今、最も世間を騒がせている松居一代さんと彼女を育てた両親について調べてみたいと思います!

Sponsored Link

松居一代、医師選びで乳がんの母を救う?


出典元:https://abematimes.com


2017年1月の自身のブログで「100歳まで生きるヒント」というシリーズをスタートさせた松居一代さん。

60歳で還暦を迎えたご自身の健康や、これからの人生を見直し始めたのかもしれませんね。第一回目の記事は「乳がん」でした。

そこでは、松居一代さんの母親が乳がんになってしまった時の話を書いています。

「私の母はただいま84歳。乳がんにかかってしまい手術をしたのはかれこれ13年前のことでした」

このような書き出しで、松居一代さんが乳がんの母のためにしたことが書かれていました。松居一代、医師選びで乳がんの母を救う?

内容はこちら。


乳がんがステージ3まで進行してしまっていたことを聞き、医師に直接電話をかける
→片方の乳房にがんが広がっているので手術をして患部を広げてもダメだろうから手術は不可能と告げられる


母親を上京させて東京の病院で診てもらうことにした
→セカンドオピニオンの結果も同じステージ3。
しかし手術して開いてみましょうと言われるも恐らく広範囲に広がったがんを取り除くことは出来ないのでそのまま閉じることになるだとうと告げられる


セカンドオピニオンの答えに納得いかず乳がんの名医を探すことにする。
調べている病院の売店や入院患者に評判を聞くなどして、生の情報を手に入れ、それを元にサードオピニオンを受ける医師を見つけた
→ステージ3には変わりないが、医師から「手術を一刻も早くしましょう。出来る限りがん細胞を取り除きましょう」と告げられる


3病院まわって3人の医師の意見が違っていたようですが、その中で、母を救える最善の治療を受けることができ、結果、松居一代さんの母親はがんを全て取り除くことに成功し、今でも元気に暮らしているようです。

余命まで宣告されていたにも関わらず、諦めず、医師の言葉を鵜呑みにせず行動した松居一代さんの尽力には頭が下がりますね。

今回母親の乳がんの件もそうですが、松居一代さんは“ある目的を達するためには、頭をフル回転させて徹底的に調べ上げ、あらゆる手段を使って達成する人”ですよね〜

そんなエピソードを探してみました。


息子の隆一さんが2歳の頃に発症したアトピーの治療に、あらゆる病院や治療院を回って完治させた
後にアトピーに効果があるという健康食品を発売したり、書籍を出版した。



日ごろから綺麗好き・掃除が好きな松居一代さんは独自の掃除法をまとめた書籍を出版。
そして「松居棒」なる掃除道具を発明し、作成方法をTVなどで紹介。主婦の間で爆発的な流行となる



主婦の経験を生かして圧力鍋・包丁・洗剤をプロデュースし、ヒット商品を生む



2000年に自宅マンションに欠陥(水漏れ)を発見。
ゼネコンとの壮絶な600日の闘いにより勝訴。その記録をエッセイとして出版



投資家としても有名。30年前から株の投資を初め、最近は外国債やファンドが中心。
最大で50億円儲け、今まで一度も損をしたことがない



など徹底的に調べ上げる・一度のめり込むととことん突き止める性格のようです。

その執念はちょっと怖いくらいです!!

そして今、松居一代さんが執念を燃やしているのは、間違いなく夫・船越英一郎さんの不倫問題を立証するための証拠集めですかね^^;

動画で、やつれた表情で時には怒り、時には涙を浮かべ「浮気された可哀そうな妻」として世間から同情をひこうとしているようです。

そして船越英一郎さんのものと思われる浮気の証拠が記された「恐怖のノート」を発見し、その内容を世間に公表しています。

過去のエピソードからも、松居一代さんに一度ロックオンされてしまったら、徹底的にやられることは間違いなさそうです。

絶対に敵に回したくないタイプですね・・・。

このままでは言われっぱなしの船越英一郎さんの精神状態が心配です^^;

Sponsored Link

母がビビットで告白。「船越の冷たさ知っていた?」

船越英一郎 糖尿病 画像
出典元:http://www.oricon.co.jp


7月6日放送のTBS系情報番組「ビビット」で、船越英一郎さんが妻・松居一代さんに離婚調停を申し立てたニュースが特集されました。

船越英一郎さんの不倫を巡って、双方の主張が真っ向から対立している中、松居一代さんの母がビビットの取材に応じました。

両親苦言の内容は?

「松居一代さんが船越英一郎さんのことで悩んでいたのか」という問いに、

「早くからありました。英一郎さんの冷たいことは早くから知っています。それで一代が苦しんでいます」と答えました。

松居一代さんの母も、船越英一郎さんのことを良く思っていないのですね・・・。

母親は恐らく一代さん側からの主張しか聞いていないでしょうから、船越英一郎さんが悪者になっていても仕方のないことですが、それをテレビで言ってしまうということは、もう“息子”として親子の縁を切っても構わないと言う意思の表れですね。

松居一代さんの母親から見れば、可愛い孫・隆一さんの「父親」

確かに本当の父親ではありませんが、船越英一郎さんは松居一代さんの息子・隆一さんを本当の子供のように大事に育ててくれたことを思うとちょっと残念ですね。

自分を乳がんから救ってくれた娘でもありますし、強引なやり方が世間から反感を買ってしまっている娘を有利にしたい親心は気持ちは分からないでもありませんが・・。

>>松居一代の息子(画像)の就職先はどこ?現在の女装癖はデマ!

インタビューで、松居一代さんの母親は「元気で私の家に帰ってきなさいと言いたいです」と呼びかけたそうです。

しかし、松居一代さんは現在も居場所を隠しながら転々としています。

マスコミはその居場所を突き止めるために走りまわり、連日ワイドショーで取り上げている状態です。

そんな中、すでに特定されている実家には帰れませんよね~。

しかし松居一代さんは誰かに助けてもらうタマではないです。例えそれは実の母親でも。

今までの経緯を見る限り、誰に何を言われても何をされても、自分ですべて受け止め、徹底的にやり返すくらい強い人ですからね。

もはや実の母親にも手に負えないのでは?

そんな松居さんを止められることができる人は、一体誰なんでしょう。

そして、終着点はどこなんでしょうね。

Sponsored Link

父の職業は?
離婚騒動に言及?


出典元:http://livedoor.blogimg.jp

松居一代さんの実家は滋賀県近江八幡市にあると言われ、現在年老いた両親が暮らしています。

父・修さんは以前建具屋を営んでいたようですね。

建具屋とは、作った家に合う建具(ドアや襖など)を大工さんに対して納品するお店です。

先祖代々の商売だったのかは不明ですが、父・修さんの代で経営がうまくいかないことから閉店することとなりました。

その後、父親は競艇選手になります。65歳まで現役で活動されていたようですよ!

松居一代さんと同じでバイタリティー溢れる方だったのでしょうか?

滋賀県で競艇をやる場所と言えば、琵琶湖が有名です。修さんも引退レースは琵琶湖で行われたそうです。

引退後はゆっくりと過ごされたと思いきや、修さんは突然、政治家として近江八幡市から出馬したのです!

しかしあえなく落選。政治家失敗です。

しかし、建具店→競艇選手→政治家(失敗)という経歴、すごいですよね。

恐らく1人の生涯でこれら全部になる人、いないです。分野が見事にバラバラですから!!(笑)

こういったことから見ても、松居一代さんのバイタリティー溢れる性格は、父・修さんから受け継いでいることが分かりますね。

さらにミヤネ屋のインタビューで、父・修さんは娘夫婦、つまり松居一代さんと船越英一郎さんが写っている家族写真を一部切り取ってしまったと説明。

ミヤネ屋で離婚騒動に言及「憎たらしいから切った」とは?

その切り取った部分は、娘婿である船越英一郎さんの姿でした。

「憎たらしいから切った」というコメントには動画を見て思わず震えました・・。

【関連記事】


そして“写真を切り取る”などという父の常軌を逸した行為も、やはり娘さんと似た性質のような気がしてなりません・・・(@_@)

ここまで来ると親子関係の修復も無理ですし、早く決着をつけた方がお互いのためですね。

Sponsored Link

最後にまとめ


・松居一代さんの母は乳がんが進行し余命いくばくもなかったものの、娘の尽力により医師を見つけ手術を受ける。結果がんを克服し、現在も元気に暮らしている



・松居一代さんの母は娘の夫婦仲が冷えていることを知っており、テレビ「ビビット」の取材で、船越英一郎さんの人間性を否定する発言をしている



・松居一代さんの父は、建具店→競艇選手→政治家失敗という経歴を持っているが、そのバイタリティ溢れる行動力は松居一代さんに間違いなく受け継がれている。



・その父はミヤネ屋の取材によると、父は家族で写した写真の船越英一郎さんの部分だけを切り取っていた。理由は「憎たらしいから」



このように父母も含めて、松居一代さん・船越英一郎さんの騒ぎの登場人物は、もはや憎しみがぶつかり合う暴露合戦に様を呈しています。

年老いた両親も心穏やかに静かな老後を送りたいと思っているのかなと思いきや、この騒ぎに一石を投じる発言をするなど、

「結構参戦しています」(笑)

毎日のように新しい情報やコメントが出て、まったく終わりの見えないこの騒動。

世間はもはや飽き気味?ムードもありますが、松居一代さんはまだまだ引く気はなさそうです・・・^^;

Sponsored Link

こちらの記事もよく読まれています