「このハゲー!」で、秘書への暴言で注目を集めている豊田真由子衆議院議員

その気性の激しさから、ついたあだ名は「ピンクモンスター」。

彼女の奇行ぶりは「最凶伝説」として有名なようですね〜


私が個人的に気になったのは、豊田さんの子供のこと。



こんなヒステリーな奥さん(お母さん)を持ってさぞかししんどいんじゃないかと…。

旦那さんは、国土交通省に務めていて名前まで特定されているという噂ですが本当でしょうか?

それにしても、夫婦喧嘩の歳にはこのような光景が待っているのかと思うと、旦那さんもお子さんも可哀想になります…。

今回は、豊田真由子さんをはじめ、旦那さんやお子さんのことまで調べてみたいと思います!

Sponsored Link

豊田真由子の経歴は?
性格悪すぎる理由は?


豊田議員は現在42歳、東大法学部からハーバード大学院卒の超エリート。

2012年に衆議院議員総選挙当選した安倍チルドレンの1人です。

彼女の数ある「最凶伝説」の中で、特に有名なのが「園遊会事件」。

2014年春の園遊会、豊田議員は母親を同伴して入場しようとします。

しかし、同伴者は配偶者のみの規則。

宮内庁職員が母親は入場できないと説明すると、豊田議員は「なぜ入れない!入れなさい!」と大声で恫喝。

ついには母親と強行突破したそうです。

その後、宮内庁が衆議院に対し規則の周知徹底を要請する事態に発展しました。

というか、規則を知らなかったわけないし!

母親も普通は帰るし!この親にしてこの子ありですね。

また、バレンタインデー前に200人分の高級チョコレートを買ってこいと秘書に指示。200名分総額40万円を「立て替えろ!」と要求したのだとか。

さすがに秘書が現金を持っていないと伝えると激怒したそうです。

自分で払いなさいよ・・・。

こんな性格についていけず、5年近くで何十人もの秘書が辞職しているんだとか!

大企業のリストラよりすごい数ですね^^;

Sponsored Link

夫は国土交通省の官僚で子供は何人?


豊田議員の夫は、国土交通省のキャリア官僚です。

ご夫婦に子供は2人、9歳の長男と7歳の長女です。

ご主人もお子さんたちも、名前や写真は非公開。

ご主人の名前は2ちゃんねるに載っているとの噂もあったのですが、どうやら名前までは特定されていないようですね(スミマセン、突き止めれませんでした)

子供の小学校も豊洲では?と噂がありますが、特定はされていません。

でも、周囲はわかりますよね。

学校でどんな目で見られているのか想像すると、お子さんたちがかわいそうです。

ちなみに、この騒動前から家族とは別居しています。

子育てはほとんどご主人まかせだったらしいので、限界だったのかもしれません。

さらに、家庭でもご主人に対して口汚く罵っていたようです。

「これ以上、こんな母親の姿は見せられない」と、子供2人は豊田議員の実家に預けているとか。

ご主人はまともな感覚のようで・・・ん?園遊会事件の母親に?大丈夫ですかぁ!?かなり不安です…

Sponsored Link

秘書のミスは何?
現在入院で辞職寸前か?


そもそも、なぜ豊田議員は秘書に暴言を吐いたのでしょうか?

「ハゲー!」の引き金は、秘書が高速を逆走しようとしたからみたいです。

加えて、支持者に送るバースデーカードの住所と名前を47枚分も間違えたのだとか。

高速逆走といい、この秘書も使えなさすぎですね(笑)とは言え、どんな理由があろうとも暴言は許されません。

実は、暴言だけでなく「暴行疑惑」もあるんですよ。

秘書曰く、その時は5~6回は殴られたとか。

さらには「脅迫疑惑」まであるんです。

豊田議員は「お前の娘を轢き殺されても~」などと、秘書の娘の命を脅かす様な事も言っています。

それもなぜかミュージカル調で!これは完全な脅迫ですね。

逮捕の可能性も十分にあります。

当然ながら、豊田議員のTwitterなどSNSは大炎上中。

YouTubeでは、おもしろおかしく音声 が多くアップされています。

「豊田真由子ミュージカル劇場」ぜひお楽しみください。

【関連記事】



秘書やスタッフに対して、日常的に暴力や暴言はあったようで、殴る蹴るは当たり前、ハンガーやバックなどで叩かれたこともあるとか。

秘書の1人が日々の暴言を録音していました。

週刊新潮のホームページではその音声データを一部公開しています。

豊田議員は現在入院中ですが、このまま終わるはずはありませんよね。

反安倍政権の新潮は、豊田議員が辞めるまで追い詰めるでしょうね、きっと。

自民党には豊田議員のような安倍チルドレンがまだまだいるはずですよーコレは。

7月2日には都議会選挙が行われますが、有権者が、安倍自民党にどんな民意を示すのか、注目ですね。

Sponsored Link

こちらの記事もよく読まれています